文字サイズ

藤浪 1軍マウンドでの声援に鳥肌 決意新たに精度向上へ再調整

 はつらつとノックを受ける藤浪
3枚

 阪神・藤浪晋太郎投手(25)が2日、鳴尾浜の2軍全体練習に合流した。今季初先発した1日・中日戦は4回1/3を1失点ながら、8四死球を与える結果に終わったが「鳥肌が立つくらいすごい声援だった」と振り返った。決意新たに、再び1軍のマウンドを目指す。

 2軍再調整が決まったが、藤浪の表情は決して暗くなかった。「今まで野球をやってきた中で一番大きな声援をもらったかもしれない。やっぱりああいう所で野球がしたいなと改めて思いました」。阪神ファンからの大声援や球場の空気感などを思い出し、自らを奮い立たせた。

 1軍でプレーしてこそというモチベーションもさらに高まった。1軍の先発を担うためには「精度、技術の向上」が必要とした。「自分で準備していったもの、こうしたいというものが出せなかった」と試合の投球を回想する。制球面や球数などが課題となっただけに、再調整期間にしっかりと見つめ直す。

 この日はキャッチボールやランニングなどで汗を流した。今後の登板日は未定だが、2軍で先発する見通し。ファンからの大きな期待を実感した今季初先発。次に1軍マウンドに上がる時には快投を披露し、白星で恩返しする。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス