文字サイズ

阪神、両リーグワーストの11度目の完封負け 高橋遥、7失点KO

 6回、厳しい戦況に、黙り込む阪神・矢野燿大監督
3枚

 「広島7-0阪神」(2日、マツダスタジアム)

 阪神が長期ロード初戦で大敗を喫した。先発の高橋遥が3敗目。マツダスタジアム初登板で、満塁弾を含む自己ワーストタイの7失点を喫した。

 初回、いきなり西川、菊池涼に連打され一、三塁のピンチを招くと、バティスタは見逃しの三振に斬ったが、鈴木を四球で歩かせて1死満塁に。

 ここで松山の何でもない二ゴロに、併殺を焦ったのか、ソラーテがバウンドを合わせることができず、ボールをはじいた。さらに1死満塁から、会沢の内野ゴロの間に2点目を失った。

 ソラーテは甲子園デビューとなった7月30日の中日戦では、遊撃でスタメン出場して2失策を記録。その試合は自身のサヨナラ本塁打で勝利したが、その後の2試合は二塁、左翼の守備に就いていた。チーム84失策は両リーグワースト。守備のほころびから先制点を失うと、六回だ。

 必死に粘ってきた高橋遥だが、詰まらせた打球がことごとく守備の間に落ち、無死一、二塁。西川の中前適時打で1点を失うと、さらに2死満塁からバティスタに、左翼越えにプロ入り後初めて満塁ホームランを浴びた。過去、通算2戦2勝、防御率0・00だった広島相手に、7失点(自責6)KO。

 「チームの代表として投げさせてもらっているにも関わらず、試合を壊してしまいチームに申し訳ないです」

 一方、打線は今季初めて「1番・右翼」に糸井を起用。「2番・中堅」に近本、「3番・二塁」にソラーテを組み替えて臨んだが、相手エース大瀬良の前に、なかなか安打すら出ない状況が続く。今季11度目の完封負けは、両リーグワーストの屈辱となった。

 これで3位広島とは4・5ゲーム差。Aクラス3チームの争いが激しさを増す中、上位との差が少し開き始めた。第2戦は西が先発する予定。食らい付いていくためにも、なんとしても連敗は避けたい。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス