文字サイズ

西 5回2失点で降板 再三走者を背負うも丸の一発と立岡の適時打のみ

5回を2失点に抑えた西
3枚

 「巨人-阪神」(27日、東京ドーム)

 阪神の先発・西勇輝投手(28)が5回を6安打2失点でマウンドを降りた。序盤から再三走者を背負う苦しい投球となったが、粘りに粘って2失点にまとめ、試合を作った。

 初回、2死走者なしから3番・丸に初球を完璧に捉えられ、打った瞬間それと分かるバックスクリーン左への先制ソロを許した。続く4番・坂本勇、亀井に連打を浴びてピンチを迎えたが、大城を直球で空振り三振に斬って立ち上がりを最少失点でしのいだ。

 二回は安打と犠打などで2死二塁から立岡に適時打を許して2点目を献上。その後一、二塁とされたが丸を中飛に打ち取った。三回も2死一、二塁と追加点のピンチを招いたが、小林を一ゴロに料理して初めて無失点のイニングを作った。

 序盤から球数を要する投球にも集中力を切らさず、2点を失ったものの僅差のビハインドを保った西。味方打線が四回まで無安打に封じられ、一方的な試合展開になる可能性もあった中で自身の役割を果たし、しっかりゲームメークした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス