文字サイズ

ドラ1近本 真夏の夜の夢一発!逆転V7号3ランで連夜ヒーロー

 5回、逆転3ランを放つ近本
3枚

 「阪神5-2ヤクルト」(21日、甲子園球場)

 あっぱれな虎のルーキーが連夜のヒーローや!20日にサヨナラ犠飛を放った阪神の近本光司外野手(24)が一振りで決めた。0-1の五回に逆転3ラン。2死一、二塁から浜風を切り裂いて右翼席に運んだ。90年代のヒット曲に包まれた『虎フェス♪』の一戦、94年生まれの若虎がチームに2週間ぶりの連勝をもたらした。

 執念が白球に乗り、浜風をぶち抜いた。近本の右翼への打球は、どこまでも伸びていく。右翼・中山はほとんど動かない。起死回生の逆転7号3ラン。前夜、劇的サヨナラ勝利に導いたヒーローは今夜もチームを救った。

 1点を追う五回。2死から北條、西の連打で作ってくれた好機を無駄にするわけにはいかなかった。サブマリン・山中が投じたカウント1-1からの3球目、内角よりの直球を捉え切れず、右方向へファウルとなった。

 「(意識を)センターに戻して、内でも外でも対応できるように」と修正した次球、同じコース、球種を完璧に捉えた。6月18日の楽天戦以来、90打席ぶりのアーチ。劇弾で試合をひっくり返した。

 恩返しするためにも、打席に入る前から集中力を研ぎ澄ましていた。音楽と野球観戦の融合イベント『虎フェス♪』として開催された一戦。選手は1日限定で、90年代の打席登場曲を選曲した。近本が選んだのは、松任谷由実の「真夏の夜の夢」。「母が好きなのがユーミンだったので。母のためにも、きょうは頑張りました」と最高の形で感謝を伝えた。

 連夜の大活躍でチームを2週間ぶりの連勝へと導いたルーキー。矢野監督は「流れがちょっと重い中ね、近本の一振りで一気に流れを変えてくれた。素晴らしいバッティングでした」と賛辞を惜しまない。

 サイクル安打をマークした13日の球宴第2戦以降、打撃好調を維持する。初回は右前打で出塁するなど2試合連続のマルチ安打をマーク。これで、後半戦は19打数9安打で打率・474と再び上昇気流へと乗り始めた。

 プロ1年目。打撃面で貢献する一方で走塁では課題を残した。初回無死一、三塁。糸井の一ゴロで三走・近本はスタートを切ったが途中で止まり、再び本塁を狙ったが憤死。併殺となり、先制点のチャンスを生かすことができなかった。

 本拠地で連勝を飾り、3カードぶりのカード勝ち越しを決めた。ここから巻き返しへ再加速する。「また連勝をずっとしていくので、応援よろしくお願いします」とお立ち台で誓った近本。虎には頼れる切り込み隊長がいる。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス