文字サイズ

阪神2連敗で貯金消滅 攻守に精彩欠き、Bクラス転落も現実味

5回表終了後、選手交代を告げベンチに戻る阪神・矢野燿大監督。左は阪神・近本光司=ナゴヤドーム(撮影・高部洋祐)
2枚

 「中日6-1阪神」(29日、ナゴヤドーム)

 阪神が攻守で精彩を欠き、2連敗。貯金が消滅し、勝率5割となった。

 リーグ戦再開の初戦。先発マウンドを託された青柳は、4回6安打5失点で5敗目を喫した。二回、2連続四球をきっかけにピンチを招き、3連打を浴びるなど、一挙5失点。打者10人の猛攻を受け、試合の主導権を手放した。

 青柳の4回降板は、今季自己ワーストタイの早期降板。5月6日のヤクルト戦、6月19日の楽天戦に続く3度目の降板となった。

 打線はつながりを欠いた。中日・大野雄に対し、六回まで5安打で無得点。七回に3安打を集め、木浪の適時打で1点を返した。だが、八回は代わったロドリゲスに対して1死一、二塁の好機でマルテ、上本が凡退。中日と同じ9安打を放ちながら、1点に終わった。

 チームは交流戦で苦しみ、6月はこれで7勝12敗2分け。この時点で4位DeNAとは1差となり、Bクラス転落も現実味を帯びてきた。

 中日は4連勝。大野雄が7回1失点の力投で5勝目。借金7とした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス