文字サイズ

逆転負けの阪神・矢野監督 継投の遅れ認める「一個おくれたんかな」

2回、遊直に倒れベンチに戻る阪神・大山(左端)と、うつむく阪神・矢野監督(右から2人目)=撮影・高部洋祐
1枚拡大

 「交流戦、オリックス6-4阪神」(14日、京セラドーム大阪)

 阪神は勝利目前で痛恨の逆転負けで連敗を喫した。矢野監督が継投の遅れを反省した。

 2点リードの八回、西が3連打を浴びて1点差に迫られると、代わった藤川が暴投と2点タイムリーを浴びた。矢野監督は「みんな一生懸命やってくれた結果だと思うけど、あるとすればオレの継投が一個遅れたんかなというのが反省の中である」と話した。

 西は古巣相手に初回にロメロに2ランを浴びたが、四回から七回までパーフェクト投球を続けていた。七回に2点を勝ち越し、八回もマウンドに送ったが下位打線に連打を浴び4巡目となった1番の福田に適時打を浴びた。強力救援陣がいるだけに矢野監督は継投の遅れを認めるとともに、「受け止めてやっていかなアカンと思う」と前をみつめた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス