文字サイズ

メッセンジャーが快投も…九回2死で追いつかれる 今宮が同点打、延長戦突入

9回、今宮(右)に同点適時打を打たれるメッセンジャー(撮影・高部洋祐)
9回ソフトバンク2死二塁、阪神・福留孝介はソフトバンク・今宮健太の放った打球に飛び込むも、ショートバウンドで捕球する=ヤフオクドーム(撮影・北村雅宏)
9回ソフトバンク2死二塁、同点適時打を放つソフトバンク・今宮健太=ヤフオクドーム(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「交流戦、ソフトバンク-阪神」(11日、ヤフオクドーム)

 阪神が勝利まであと1人としながらも同点に追いつかれた。2-1で迎えた九回に、完投勝利をかけて臨んだ先発・メッセンジャーが捕まった。

 2-1で迎えた九回、先頭の釜元に右前打を許し、犠打で1死二塁。続く福田を抑えて、メッセンジャーが過去6戦5敗と苦手にしているソフトバンクからの初勝利まで、あと1人に迫った。

 しかし、今宮の鋭い打球が左翼に飛ぶ。福留が飛び込んだものの、わずかにとどかず、二走が生還し、同点とされた。

 今宮の代走・周東の二盗を梅野が刺し、試合は延長戦に突入した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス