文字サイズ

大山、福留が連続適時打 難敵菅野から二回までに5得点

2回阪神2死一、三塁、大山が適時左前打を放つ(投手は菅野)=東京ドーム(撮影・堀内翔)
2枚

 「巨人-阪神」(15日、東京ドーム)

 阪神が大山悠輔内野手、福留孝介外野手の適時打で追加点を奪った。

 3点リードの二回。1死からドラフト1位・近本(大阪ガス)が右中間への二塁打で出塁し、続く糸原が四球でつないだ。2死一、三塁から4番・大山が菅野の変化球を捉えて左前適時打とした。

 なおも一、二塁のチャンス。打席に立った福留が3ボールからの4球目、149キロの速球に反応した。打球は一、二塁間を破り、その間に二走・糸原が生還。難敵菅野を相手に、リードを5点に広げた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス