文字サイズ

平成最後の一戦で阪神が先制 押し出し&糸原適時打

 1回、福留への押し出し四球で先制のホームを踏み、ナインとタッチを交わす近本(撮影・高部洋祐)
3枚

 「阪神-広島」(30日、甲子園球場)

 他の2カードはデーゲーム開催。唯一のナイター開催となった“平成最後の一戦”。同率4位・広島との対戦で3連勝を狙う阪神が、制球に苦しむ広島先発のアドゥワから先制点を奪った。

 試合開始から三者連続四球でいきなり無死満塁のチャンスに。4番・大山は空振り三振に倒れるも、続く福留が押し出しとなる四球を選び、7試合連続となる先制点を奪った。

 二回には先頭の梅野が遊撃・田中広の失策で出塁。近本の四球などで2死一、二塁とすると、キャンプテン・糸原がフルカウントから左前に適時打を放ち、2点目をもぎ取った。

 阪神はDeNA戦(横浜)、中日戦(ナゴヤドーム)の遠征を5勝1敗で終えて、この日から甲子園6連戦。現在2となっている借金の返済を狙っている。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス