文字サイズ

梅野 先制二塁打「岩貞に何とか先制点をという気持ち」

2回阪神1死二塁、先制の適時二塁打を放つ阪神・梅野隆太郎=ナゴヤドーム(撮影・高部洋祐)
2枚

 「中日-阪神」(28日、ナゴヤドーム)

 阪神が梅野隆太郎捕手の一打で先制に成功した。

 両軍無得点の二回1死から糸原が右翼線二塁打で出塁し、得点圏で打席を迎えた。カウント1-2からの4球目、柳が投じた141キロ内角高め直球を迷わず強振。打球は左翼フェンスに直撃し、その間に糸原は生還した。貴重な適時二塁打となった。

 梅野は「岩貞に何とか先制点をという気持ちで打席に入りました。(糸原)健斗に続くことができて良かったです。切り替えて、しっかり守備に集中します」とコメントした。 初回から粘投を続けている岩貞に向けての幸先の良い援護点となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス