文字サイズ

岩貞 7回2失点も決勝点の一発に悔やむ

 巨人打線を相手に力投する岩貞
3枚

 「阪神0-2巨人」(20日、甲子園球場)

 自身の“負け”を、阪神の岩貞は潔く認めた。7回2失点と先発の役割を果たしたものの、チームは敗戦。決勝点となる一発を悔やんだ。

 二回1死から5番・ゲレーロにストレートの四球を与え、続く石川へ投じた1ストライクからの2球目だった。低めのスライダーをフルスイングされ、バックスクリーン左へ運ばれた。「うまく打たれた」と痛恨の被弾に唇をかんだ。

 それでも三回以降は粘りの投球。過去2度の登板で黒星を喫し、この日の結果次第では2軍降格の可能性もあったが、強気に内角を攻める投げっぷりの良さを発揮した。矢野監督も「次回につなげていってもらえれば」。反省を糧とし、次戦はチームを勝利に導く快投を見せたい。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス