文字サイズ

痛恨ミス…北條が悪送球連発で4、5点目献上 甲子園に悲鳴

 4回、巨人・坂本勇の放ったゴロをさばいたものの、本塁へ悪送球する北條
4回巨人1死一、三塁、巨人・丸佳浩の二ゴロのボールを阪神・糸原健斗から受け取った阪神・北條史也は、一塁へ悪送球する=甲子園(撮影・北村雅宏)
4回巨人1死二・三塁、巨人・坂本勇人の打球を捕球した阪神・北條史也が本塁に悪送球し巨人・田中俊太の生還を許す(捕手 阪神・梅野隆太郎)=甲子園(撮影・山口登)
3枚3枚

 「阪神-巨人」(19日、甲子園球場)

 阪神が3点差で迎えた四回、遊撃・北條の2失策で2点を失った。

 この回、無死一、三塁のピンチを招くと、菅野の送りバントで1死二、三塁。坂本勇を打席に置き、内野は前進守備を敷いた。

 1-1から低めの変化球で泳がせ、ボテボテの打球が遊撃前に飛んだ。北條は捕球後、素早く本塁に送球。タイミング的には悠々タッチアウトの場面だったが、この送球が三塁側に大きく反れた。痛恨の形で1点を失うと、さらに一、三塁から丸との対戦。

 二塁正面にゴロを打たせ、4-6-3の併殺コース。だが、糸原の二塁送球を受けた北條が、再び一塁に悪送球。ベース手前のバウンドを一塁・陽川が捕球しきれず、併殺崩れでさらに1点を失った。

 二回には1死一、二塁から、8番・小林の今季1号3ランを献上。失投に悪送球2つと、ミス、ミスの自滅で序盤に5点を失った。

 菅野相手に致命的ともいえるビハインド。打倒・G党に燃えていた甲子園に、悲鳴が響いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス