文字サイズ

中谷 大山に負けじと1試合2発 今季初の猛打賞&5打点の大暴れ

 6回、2打席連続2ランを放ち、笑顔で生還する中谷(右)=撮影・出月俊成
3枚

 「ヤクルト-阪神」(18日、神宮球場)

 阪神が8点リードの六回、中谷の2打席連発となる4号2ランで、リードを10点に広げた。

 既にヤクルトは山田哲、バレンティンらをベンチに下げ、試合の大勢は決まった中での攻撃。1死から大山が四球で出塁すると、糸原の中飛を挟んで中谷。1ボール2ストライクと追い込まれてからの4球目。ヤクルト・風張の真ん中に入ったフォークを見逃さなかった。

 左中間スタンドに届くダメ押しの2ラン。大山と並び、トップタイの4号となった。

 この日は積極的休養日として、福留がスタメンを外れ、中谷が5試合ぶりに先発出場。初回に左越えに適時打を放つと、四回には「ファーストストライクを積極的に振っていこうと心掛けて打席に入りました。バッター有利のカウントで、甘い球をしっかり捉えることができました」と、左越えに2試合ぶりの2ラン。今季初の猛打賞、5打点の大暴れだ。

 若き大砲が少ないチャンスで、しっかりと結果を残している。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス