文字サイズ

ドラ3木浪スタメン復帰 プロ初適時打「なんとか打ってやろうと」

 2回、中前に適時打を放つ木浪
2回阪神2死一・三塁、阪神・木浪聖也は中前に適時打を放つ(投手 中日・柳裕也)=甲子園(撮影・山口登)
2回、適時打を放ち、一塁上でガッツポーズする阪神・木浪聖也=甲子園(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「阪神2-10中日」(13日、甲子園球場)

 気合は十分だった。10試合ぶりの先発出場。阪神のドラフト3位木浪(ホンダ)がネクストでバットを振り込んだ。「回してくれ」-。強い思いは、結果という形に変わる。プロ初適時打で初打点を挙げると、仲間に向かって右拳を掲げた。

 2点を追う二回。大山、鳥谷が好機を作り、2死一、三塁で回ってきた。するとカウント2-2からの5球目だった。外のチェンジアップに体勢を崩しながらも反応。「なんとか打ってやろうという気持ちでした」と、食らいついた打球は中前へ。ルーキーのバットで、1点を返した。

 12日は代打でプロ初安打をマーク。その勢いを落とさぬまま、この日は初適時打で打点を刻んだ。「勝てるようにやるだけです」。ただ試合後の木浪は1秒も表情を緩めなかった。初安打、初打点の“お披露目”となった2試合はいずれも敗戦。負けた悔しさを明日への力に変えていく。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス