文字サイズ

矢野阪神、甲子園で3連敗 投打にチグハグ、虎党からは「帰れ!」のヤジ

中日に敗れ、阪神・矢野燿大監督らナインはグラウンドに出てファンにあいさつする=甲子園(撮影・山口登)
劣勢の試合展開で阪神・矢野燿大監督(右)はさえない表情を見せる=甲子園(撮影・山口登)
2枚2枚

 「阪神4-9中日」(12日、甲子園球場)

 阪神が中日相手にカード初戦を落とし、3連敗。エース・メッセンジャーが6回を投げ、8安打6失点で今季初黒星を喫した。

 試合は序盤から苦しい展開になった。初回、メッセンジャーの暴投と梅野の送球エラーで1点の先制を許すと、四回にはビシエドに2ランを浴び、3点のリードを許す展開に。さらに六回にも、1死からアルモンテを四球で歩かせると、再びビシエドに右翼越え2ランを浴びた。加藤にも中前適時打を許し、6失点でKOとなった。

 一方、打線は「1番・中堅」で5試合ぶりにドラフト1位・近本(大阪ガス)を起用。ナバーロが外れ、「6番・一塁」には中谷が入った。また、「7番・遊撃」で北條が出場。三回に北條、四回に糸原、五回に再び北條が四球を選んで出塁したが、後続が倒れ、五回まで得点圏にすら走者を進めない。

 それでも六回、代打・上本がチーム初安打で出塁すると、近本も左前打で続いて無死一、二塁。糸井の併殺崩れの間に1点を返した。さらに七回には1死から、代打・木浪(ドラフト3位=ホンダ)が中前打。プロ初安打を記録すると、ここから近本、北條の連続タイムリーなどで、一気に2点差まで迫った。

 だが、なおも2死二、三塁の好機で糸井を申告敬遠で歩かされると、続く大山が一打同点の場面で三ゴロに打ち取られた。序盤の大量失点をはね返す力は残っていなかった。大山は続く守備から交代を告げられ、開幕から初めての途中交代となった。

 また、ここまで13試合を消化し、被本塁打がロッテに並ぶ12球団ワーストと目立つ。チーム防御率、チーム本塁打ともにリーグワーストだ。甲子園ではこれで1勝3敗。昨季、62試合を戦い、21勝39敗2分けと大きく負け越した本拠地。負け数と借金は過去ワーストで、勝率・350は1978年の・同345に次ぐ数字だった。今季もここまで苦しい展開が続いている。

 終盤に追い上げムードこそ作ったが、投打にチグハグな戦いが続く。スタンドからは凡打を繰り返す選手に向けて、「帰れ!」と痛烈なヤジが飛ぶ場面も。なんとか流れを止めたい。13日は岩貞が先発する予定。左のエース候補に連敗ストップを託す。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス