文字サイズ

阪神3連敗 24日敗戦でOP戦最下位確定…岩貞は先発で試合作る

5回、ピンチを迎えた場面でマウンドに集まったナインに声をかける阪神・鳥谷敬(左)=京セラドーム大阪(撮影・田中太一)
2枚

 「オープン戦、阪神2-4オリックス」(23日、京セラドーム大阪)

 阪神がオリックスに連敗。中盤、1点差まで迫ったが、反撃は及ばなかった。オープン戦残り1試合で敗れると最下位が確定する。

 試合は初回、先発の岩貞が1点の先制を許した。さらに五回、2死走者なしから、三塁・糸原が一塁に悪送球。安打と四球で満塁とされると、西浦に2点適時打を浴びた。岩貞は6回6安打3失点(自責1)。試合は作ったが、打線の援護がなかった。

 攻撃はオリックスの先発・東明に苦戦。ようやく六回、代打の高山が右前打でチャンスメークすると、ドラフト3位の木浪(ホンダ)も右前打で続き、一、三塁を作った。木浪はオープン戦20本目の安打。若虎が作った好機に応えたのはベテラン糸井。初球、東明のフォークをフルスイングすると、痛烈に右翼線を破る2点適時二塁打となった。

 また、開幕前残り2試合とした中、「1番・二塁」に木浪、「6番・遊撃」に鳥谷を置くなど、ナバーロを外して和製オーダーを組んだ。鳥谷は二回に右前打を放つと、七回には中前打でマルチ安打。オープン戦打率・320と結果を残す。開幕ショート争いは、最後までし烈な戦いが続きそうだ。

 九回には藤川が2死から連打を浴び、2点差とされ、チームは3連敗を喫した。

 オープン戦は残り1試合となったが、あす24日のオリックス戦に敗れると、2年連続でオープン戦最下位が決まる。阪神が勝っても、日本ハムがヤクルトに引き分けか、勝利すれば同様。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス