文字サイズ

4番・大山から5発 チームトップ3号!10点爆勝呼んだ 開幕カード燕狩り

 1回、先制3ランを放った大山
1枚拡大

 「オープン戦、ヤクルト1-10阪神」(20日、神宮球場)

 開幕カードも4番に任せろ!阪神の大山悠輔内野手(24)が初回に先制3ランを放ち、1イニング3発&1試合5発の猛攻をけん引。昨季後半にカード10連敗を喫し、3・29京セラドームで対戦するヤクルト相手に、12安打10得点の快勝に導いた。首脳陣も全幅の信頼を寄せる若き大砲はチームトップのオープン戦3号。徐々に存在感を増してきた。シーズンまで残り4試合。さらに状態を上げていく。

 足取りは自然と軽くなる。早くみんなの元へ。二人三脚が実った3ランに大山が無邪気に笑う。「よかった」。一塁ベースを蹴り、着弾点を確認。視界の先には歓喜に沸く左翼スタンド、手を上げて待つ仲間たちがいた。

 試合をいきなり動かした。初回、ルーキーコンビの木浪、近本が連打で無死一、二塁。1死後、大山に打席が巡った。3球目、甘く入った変化球をフルスイングすると、打球はそのまま左翼席へと一直線に伸びた。「同級生とかは関係ない。自分は出たところでやるしかないので」。試合後は冷静に振り返ったが、24歳トリオで奪った先取点にチームが勢いづいた。

 この一発から、雲一つない神宮の青空に次々と花火が打ち上がる。この回だけで3本塁打、三回にも2本塁打が出て計5発。助っ人の2打席連発、選手会長弾、主将弾。左翼席はお祭り騒ぎだ。

 まさに4番のGO砲だ。成長の裏には、頼れる浜中打撃コーチの存在があった。2軍スタートとなった2年前の新人時代から指導を受け、その年の1軍初出場時には「こんなもんで緊張するな、ドラ1だぞ」と声を掛けられたという。そんな二人が今季は1軍で顔をそろえる。

 まさに二人三脚だ。アップ中、そして打撃練習中にも何度も声を掛けられ、身ぶり手ぶりで指導を受ける。どんな時も近くで見守ってくれ、今春のキャンプ中には部屋に呼ばれて話し合ったこともあった。そんな愛弟子の活躍に浜中コーチも目を細めた。

 「あそこで一発が出るのは大きい。あと4試合。自信を持ってやってもらいたいね」

 ヤクルトに対しては昨季カード10連敗で終え、2月のオープン戦でも敗戦。“11連敗”の悪夢を拭い去ったのは、大山のチームトップのオープン戦3号からから始まった12安打5本塁打10得点の攻撃だ。念願の燕狩り。矢野監督も「自信を持っていってもらったらいい」と4番の背中を押す。

 キーとなるのは若き大砲・大山の成長。「その時その時で役割がある。しっかり頑張りたい」。一人じゃない。背中にいくつもの思いを背負い、打席へと向かう。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス