文字サイズ

初回に3発 4番&助っ人&主将弾で一挙5得点

1回阪神1死一、二塁、先制3ランを放つ阪神・大山悠輔=神宮球場(撮影・中田匡峻)
1回、ソロを放つ阪神 エフレン・ナバーロ=神宮球場(撮影・中田匡峻)
1回、ソロを放つ阪神・糸原健斗=神宮球場(撮影・中田匡峻)
3枚3枚

 「オープン戦、ヤクルト-阪神」(20日、神宮球場)

 阪神の若手打線が爆発だ。4番弾に、助っ人弾、そして主将弾まで飛び出し、初回に一挙5得点を奪った。

 まずはルーキー1&2番コンビが、打線を活気づける。木浪がチーム新人最多安打数の記録に並ぶ、右前打で出塁。すると同期の近本も右前へとはじき返し続いた。その後1死を挟み、4番・大山の第1打席。甘く入った変化球をフルスイングではじき返し、打球は左翼線へと一直線に。オープン戦第3号が、先制の4番3ランとなった。

 その後2死となるが、この日6番で先発出場したナバーロが左翼席へと一発。続く主将・糸原はバックスクリーンへと運び、2者連続の本塁打を放った。勢いに乗った若虎打線で、一挙5得点。昨季から続くヤクルト戦“11連敗”の悪夢を払拭させる。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス