文字サイズ

3番の北條が先制タイムリー 4番の大山も犠飛でアピール

 「練習試合、阪神-楽天」(14日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 阪神が三回、北條の右前適時打、大山の左犠飛と3、4番のバットで2点を先制した。

 この回、先頭の近本が中前打で出塁。3球目に走って二盗には失敗したが、江越、糸原が連続で四球を選んで一、二塁とした。ここで打席には3番に座った北條。フルカウントから6球目。外寄りのスライダーに逆らわず、追っつけて右前に運んだ。

 エンドランの形でスタートを切っていた二走・江越が悠々とホーム生還。一走の糸原も三塁まで進んだ。続く大山がきっちりと左翼後方にフライを上げ、犠牲フライで追加点。ソツのない野球で2点の先制に成功した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス