文字サイズ

ドラ2の小幡が入寮「日本を代表するショートに」グラブ新調で意欲

タイガースマークが刺しゅうされたグラブを携え入寮した阪神・小幡竜平=鳴尾浜(撮影・高部洋祐)
寮の部屋から拳を握り締める(左から)阪神・小幡竜平、阪神・木浪聖也=鳴尾浜(撮影・北村雅宏)
寮の部屋から拳を広げる(左から)阪神・小幡竜平、阪神・木浪聖也=鳴尾浜(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 阪神のドラフト2位・小幡竜平内野手(18)=延岡学園=が7日、鳴尾浜の選手寮「虎風荘」に入寮した。入団にあたり、グラブを新調。阪神のロゴの入った楽天・藤田モデルのグラブと中学時代に使用していたグラブを持参した。

 「日本を代表するショートになりたい」と活躍を夢描く小幡。プロに入り、新たな決断をした。高校時、巨人・坂本勇モデルのポケットの深いグラブを使っていたが、プロ入りでは楽天・藤田モデルのポケットの浅いグラブへ変更した。

 その背景には自身の持ち味のスローイングの速さも関係している。浅いグラブの使用により、取ってからの速さの向上も狙える。「ずっと使っていけるようなグラブ。浅めに挑戦してみようと思った」と明かした。

 スローイングの良さ、速さを武器にする選手は広島からドラフト1位を受けた小園(報徳学園)もいるが「負けない」と小幡。これから鍛錬を積み、「日本を代表するショート」という思いを実現させる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス