文字サイズ

梅野「打てる捕手」から「勝てる捕手」へ「甲斐キャノン」で闘志に火

 勝てるキャッチャーへ決意を新たにした梅野(左)
1枚拡大

 「阪神秋季キャンプ」(5日、安芸)

 阪神の梅野隆太郎捕手(27)が5日、勝てるキャッチャーへ決意を新たにした。野球ファンを沸かせた「甲斐キャノン」が、広島の足を封じたのは実に6度。後輩の成し遂げた業に闘志が宿った。

 現状は右手首の痛みもあり、打撃練習は回避の状態。それでも、勇気を持ってバットを置いたという。「守備でできている部分も増えているから」。今季は打撃部門でキャリアハイを軒並み更新。球団の生え抜き捕手では30年ぶりに規定打席に到達するなど、扇の要を担った。

 だが梅野自身は「今年は打ったから使ってもらった」と分析。チームは最下位に沈み、どれだけ刺しても、どれだけ打っても、チームとして勝ちきれなかった現実に接した。

 「チームを勝たせることができなかったのが一番。受け止めないといけない」

 矢野監督が推し進める競争化。もちろん梅野も例外ではない。そんな中で飛び込んできた甲斐MVPのニュース。影の存在である捕手でも最高の賞を取れる。「自分にもチャンスがあるかもしれない。矢野監督が言っていた競争という意味をしっかり受け止めて、次に生かしていきたい」。勝ちを積み重ねることで安心して任される正捕手の座。守って、打って、刺す。来季こそ不動のポジションをつかみ取る。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス