文字サイズ

金本監督「綺麗ですごい花を咲かせて」まな弟子たちへ別れ

 最後は“執念”の勝利を挙げ、ウイニングボールを手に原口らナインを笑顔で迎える金本監督(撮影・田中太一)
 3年間の指揮を終えた金本監督はレフトスタンドの阪神ファンにあいさつをする(撮影・田中太一)
 最後の試合を終え、スタンドにあいさつしグラウンドを後にする金本監督(撮影・田中太一)
3枚3枚

 「中日2-3阪神」(13日、ナゴヤドーム)

 今季限りで退任する阪神・金本知憲監督が、ラストゲームで白星。最終成績は62勝79敗2分けとなった。

 既に最下位が確定し、CSファーストSの裏開催となる一戦。左翼席に「金本監督、辞めないで」などのボードも掲げられる中、指揮官は最後まで真剣なまなざしでタクトを振るった。

 スタメンには金本監督が指導を行ってきた若虎を中心に起用。チーム改革に挑戦してきた指揮官の思いに応えるように、4番大山がマルチ安打、中谷が決勝打を放つなど、存在感を示した。

 試合後は金本監督の現役時代の応援歌が流れる中、左翼席のファンへ全員であいさつした。ベンチ裏ではファンに感謝と謝罪の思いを述べ、若手選手にもメッセージ。「この3年間、いろいろ目にかけて朝練に付き合ったりとか、いろいろして、そういう選手が来年以降、芽が出て花が咲いてくれないと、僕まで悲しくなるんで。来年以降、綺麗ですごい花を咲かせてほしいですね」と、無念さをにじませながら最後の思いを伝えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス