文字サイズ

小野、立ち上がりバレンティンに先制打許す

1回、小野(左)はバレンティンに適時を許し坂口が生還する=甲子園(撮影・山口登)
1枚拡大

 「阪神-ヤクルト」(14日、甲子園球場)

 阪神の先発・小野が初回、バレンティンの左前適時打で1点を先制された。

 この回、先頭の坂口に2ボールから3球目。カウントを取りに行った直球を狙われ、左中間を破る二塁打で得点圏に走者を置いた。続く青木を左飛に打ち取ったが、山田にはストレートの四球を与えて一、二塁。打席にバレンティンを迎えた。

 フルカウントから8球目。外寄りのスライダーを狙われ、三遊間を破る左前適時打で1点を失った。それでも続く雄平を一ゴロ併殺に打ち取り、最少失点で切り抜けた。

 前カードの中日戦はメッセンジャー、岩貞、才木がいずれも初回に失点。小野の失点でチームとして、4戦連続の初回失点となった。逆転CS出場に向けて、2位・ヤクルトとの重要な2連戦。まずは阪神がビハインドを背負った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス