文字サイズ

甲子園歴史館が通算来場100万人達成 吉田義男氏が祝福、2010年開業

甲子園歴史館入館者100万人を達成を記念し、写真に納まる(左から)百北幸司甲子園歴史館館長、藤本晃成くん、理恵さん、達成者の悠希くん、健太郎さん、吉田義男甲子園歴史館顧問=甲子園(撮影・北村雅宏)
2枚

 阪神甲子園球場の外野スタンド内にある「甲子園歴史館」(兵庫県西宮市)の開業以来入館者数が26日、100万人を達成した。

 阪神甲子園球場のリニューアル工事に伴い、2010年3月14日に同球場の16号門横に開業。1200平方メートルの展示エリアには高校野球、阪神タイガース、同球場などの歴史を彩る所蔵品を展示。また、阪神コーナーでは1985年の日本一、03年、05年のリーグ優勝時の映像や、選手が使用したユニホーム、バットなどが飾られている。

 記念すべき100万人目になった高知県高知市在住で小学2年生の藤本悠希君(8)は、元阪神監督で甲子園歴史館の顧問を務める吉田義男氏から証明書と記念品、目録などが贈呈された。家族4人で訪れ、中谷のファンだという悠希君は「ありがとうございました。これからもプロ野球を頑張って応援します」と喜びを口にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス