文字サイズ

金本監督 交流戦3連敗に「痛いスタートだね」 一問一答

8回、ベンチで厳しい表情を見せる阪神・金本監督(中央)。手前は四球で出塁する
2枚

 「交流戦、阪神2-5ソフトバンク」(31日、甲子園球場)

 3ビハインドで九回、2死満塁と絶好機を作ったが、原口の左翼への大飛球がスタンドに届くことはなかった。7回を5安打1失点と奮闘した秋山を援護できず、ソフトバンクに同一カード3連敗を喫した阪神。試合後の金本監督の一問一答は以下の通り。

 -八回、九回は粘ったが。

 「フォアボールに助けられたところもあったけど」

 -最後の原口も浜風があれば。

 「いつもの風だったらね、ほんと」

 -中田は良かった。

 「良かったね。ストレートも速かったし、変化球も全部低めだったし」

 -八回の4点が響いた。

 「痛かったな」

 -秋山の7回での降板は?

 「まあ、次が中5でいくから。そういうのもあったし、リリーフもそんなに酷使してないし。左が続くところだったから岩崎に託したんだけどね」

 -糸井に植田海に守備でミスというか。

 「海はまあ(捕っていれば)ゲッツーで。(ミスかは)分からんけどな、結局1点入ったけど。嘉男のは捕ってほしいわな」

 -福留の適時打で二走・伊藤隼は三塁でストップ。

 「ランナーコーチが点差を考えて止めたんでしょう」

 -交流戦は3連敗でスタート。

 「痛いスタートだね、これは。まあ、前を向いて、前向きというとおかしいけど、やるしかないですからね、また。敵地に行ってやっていきますよ」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス