文字サイズ

阪神、借金2で4位転落 3カード連続の負け越し 秋山、5回4失点で4敗目

5回、DeNAのエンジェルベルト・ソト(左)に勝ち越しの適時打を浴びる阪神・秋山拓巳=甲子園(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「阪神3-6DeNA」(17日、甲子園球場)

 阪神が3カード連続の負け越しで、DeNAと入れ替わって4位に転落した。借金2は今季ワーストタイ。先発・秋山が5回4失点で4敗目となった。

 試合は四回、秋山が宮崎に先制のソロ本塁打を浴びた。直後、福留のバックスクリーンに飛び込む3号ソロで同点に追い付いたが、続く五回だった。1死二塁からソトに左前適時打を浴び、勝ち越しを許すと、続くロペスには2ランを被弾した。

 「序盤から苦しい投球のまま修正することができなかった。追い付いてもらった直後に、うまく入れなかったことが悔やまれる。次の登板に生かせるよう、反省します」。8日の巨人戦で完封勝利を挙げるなど、自身2試合連続で完投勝利をマークしていた好調の右腕。しかし、登板3試合連続完投を逃し、チームを勝利に導くことはできなかった。

 また、七回には無死一塁の場面で、ロサリオがゴロをファンブル(記録は一ゴロ)。併殺を急いだのか、二塁進塁を許すと、宮崎に右前適時打を浴びてリードを広げられた。直後、原口の適時打などで2点を返したが、反撃もここまで。3得点は8日・巨人戦(東京ドーム=9得点)以来、7試合ぶりだったが、後一押しが足りなかった。

 ロサリオは4打数無安打。八回、1死二塁の好機では見逃し三振に倒れた。2打席目の左飛、3打席目の遊ゴロ失策はいずれも鋭い打球だったが、12日・広島戦(マツダ)での右前打を最後に、3試合13打席連続の無安打。5月に入って13試合を戦い、52打数7安打、打率・135と復調の兆しが見えない。

 18日からは名古屋に移動し、中日との3連戦に向かう。先発はドラフト2位の高橋遥=亜大。ルーキーの勢いで、まずは連敗を止めたいところだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス