文字サイズ

上本は「前十字靱帯損傷のおそれがある」の診断 長期離脱の可能性も近日精密検査

 左膝を痛めグラウンドに倒れ込む上本=5日
1枚拡大

 阪神は6日、前日5日の中日戦で左膝付近を痛め、負傷退場していた上本博紀内野手(31)について、「前十字靱帯損傷のおそれがある」と診断されたことを発表した。同日に兵庫・尼崎市内の病院で画像撮影後、この日クラブハウス内でチームドクターの診断を受けていた。

 球団は「試合中に受診をしました。前十字靱帯損傷のおそれがあるため、近日中に精密検査を受ける予定です」と説明した。

 上本は同戦に「1番・二塁」でスタメン出場。アクシデントは初回だ。上本は四球で出塁し、続く植田の3球目で二盗を試みた。左足から滑り込んで成功したが、そのまま倒れ込み、苦悶(くもん)の表情を浮かべて起き上がれない。トレーナーらが駆け寄り、担架に乗せられてベンチ裏に下がった。

 車いすに乗せられた状態でクラブハウスに戻ると、そのまま試合中に病院に直行。この日、再度、チームドクターの診断を受けていた。

 金本監督は5日の試合終了直後に「歩けてないから無理でしょう…難しいんじゃないかな」と話し、長期離脱の可能性を示唆。「せっかく最近足が使え始めたんで。心配ですし、ちょっと痛いですね」と嘆いていた。全治は不明だが、早期の復帰は極めて厳しくなった。

 また、代わって江越が昇格した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス