文字サイズ

阪神が2戦連続の逆転負け 4月の負け越し決まる 能見、6回3失点も今季初黒星

5回、勝ち越しを許し肩を落とす阪神・能見篤史=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
3枚

 「広島5-2阪神」(29日、マツダスタジアム)

 阪神が2戦連続の逆転負けで、首位・広島に連敗。4月の負け越しが決まった。

 試合は4戦連続で阪神が先制した。三回、梅野が広島・大瀬良の初球、真ん中付近へ甘く入った直球を捉えた。左翼席へ1日・巨人戦以来となる2号ソロを放った。

 だが、五回。ここまで粘投を続けてきた能見が、安部、下水流に連打を浴び、犠打で1死二、三塁のピンチを招いた。続く大瀬良を空振り三振に斬ったが、田中への四球を挟み、満塁で菊池との対戦だった。1ストライクから2球目、外寄り143キロの直球を狙われ、三遊間を破る適時二塁打を浴びた。

 続く六回、ロサリオの中犠飛で同点に追い付いたが、裏の守りだった。1死からバティスタとの対戦。2-2から5球目、一塁ファウルゾーンの飛球をロサリオが落球(記録はファウル)。仕切り直しのフルカウントからの8球目、外寄りの直球を左翼スタンドに運ばれた。七回には代わった石崎が、田中に2ランを浴びてダメを押された。

 能見は6回5安打3失点と試合をつくったが、打線の援護がなく今季初黒星を喫した。

 打線は開幕22試合目にして、大山をスタメンから外した。「2番・遊撃」に植田を起用。六回には遊撃内野安打後、二盗を決めてロサリオの中犠飛で生還。得点シーンを演出したが、大瀬良の前に2点を取るのがやっとだった。

 30日は岩貞が登板予定。過去、通算14度の対戦で0勝9敗。まだ広島相手に勝ち星がないだけに、連敗を止める快投で負の連鎖を断ち切りたい。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス