文字サイズ

阪神 投手陣の乱調で借金生活 広島は首位固め4連勝で貯金7

 「広島7-5阪神」(28日、マツダスタジアム)

 阪神が首位・広島にカード初戦で競り負け、借金1となった。

 先制は阪神だった。初回、先頭・上本の四球から、糸井の中前適時打で先制。さらに、初めてリクエスト要求で判定が覆り、二盗が決まると福留の右翼線二塁打で2点目のホームを踏んだ。糸井は今季初盗塁。三回にも右前打を放っており、今季初の猛打賞と序盤で流れを作ったが、先発・小野が乱調だった。

 右腕は三回、突如制球を乱すと、1死満塁から鈴木に満塁本塁打を浴びた。さらに安部の適時二塁打で計5失点。小野は5回3安打5失点で降板したが、1試合7与四球は自己ワーストだった。「三回のピッチャーへの四球から流れを悪くしてしまったことが悔やまれます。打線が点を取ってくれた中で、先発の役割を果たすことができず申し訳ないです」と肩を落とした。

 それでも五回、「絶対にゲームをひっくり返すという気持ちで打席に入った」と糸井の4号2ラン、大山の中犠で同点に追い付いた。だが、六回。2番手の岩崎が1死一塁から、菊池に左中間を破られて勝ち越しを許すと、鈴木にも三塁線を破られて2失点。競り負ける形になった。

 首位の広島は4連勝で貯金7。先発のジョンソンは5回5失点と崩れたが、打線が援護。三回、鈴木が今季1号の満塁本塁打。その後、同点に追いつかれたが、六回に菊池が勝ち越しの適時二塁打。さらに鈴木もこの試合5打点目となる適時二塁打を放った。

 29日の同戦、阪神の先発は、今季2度目の登板となる能見。首位を走る広島の勢いを止めるためにも、ベテラン左腕に期待が集まる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス