文字サイズ

大山の押し出し四球&糸原の2点適時打で3点追加 ルーキー高橋遥を援護

4回、中前打を放つ糸原(撮影・北村雅宏)
3枚

 「阪神-広島」(11日、甲子園球場)

 阪神が1点リードの五回、大山の押し出し四球と、糸原の2点適時打で追加点を奪った。

 この回、1死か上本が右前打で出塁。糸井がフルカウントから四球を選ぶと、続くロサリオはストレートの四球で満塁。1死満塁で大山に打順が巡った。フルカウントから6球目、高めに浮いた直球を見極めて、押し出し死球で追加点を奪った。

 さらに2死満塁で糸原。2-2から3球ファウルで粘って8球目。外寄りの125キロフォークに食らいついた。体勢を崩しながら打球は遊撃・田中の頭上を越えた。2者が生還。この回、3点を取ってリードを広げた。

 「打ったのはフォーク。チャンスで回ってきたので、追い込まれた後も必死に喰らいついていきました。追加点が取れて良かったです。この後も気を引き締めて頑張ります」

 この日はドラフト2位の高橋遥=亜大=がプロ初登板初先発。強力広島打線を五回まで1安打無失点に抑えていた。ルーキーの熱投に応える形で中盤に援護点を届けた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス