文字サイズ

阪神・藤浪は四回途中6失点で降板 打線は途中出場組の糸原、荒木らが存在アピール

4回途中で降板する阪神・藤浪晋太郎(左)=甲子園(撮影・北村雅宏)
4回途中降板する阪神・藤浪晋太郎=甲子園(撮影・山口登)
4回途中、降板する阪神・藤浪晋太郎=甲子園(撮影・山口登)
3枚3枚

 「オープン戦、阪神5-10ヤクルト」(13日、甲子園球場)

 阪神の先発・藤浪が開幕に向け、不安を残した。四回に西岡の2失策に四死球も絡んで途中降板。自責点0ながら6失点も毎回走者を出す不安定な投球内容だった。

 一方、打線は六回、代打・糸原が2点二塁打。糸原は七回にも適時打を放ち存在感を示した。途中出場の伊藤隼、荒木も2安打を放ち、首脳陣にアピールした。

 ヤクルト先発の原は5回を2安打で無失点と上々の内容。打線では広岡が2安打3打点、上田も2安打2打点と気を吐いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス