文字サイズ

藤浪、予定回数投げ切れず 6失点で四回途中降板 5四死球と制球に不安

4回途中で降板する阪神・藤浪晋太郎(左)=甲子園
4回、阪神・藤浪晋太郎の交代を告げた阪神・金本知憲監督=甲子園(撮影・北村雅宏)
4回途中降板する阪神・藤浪晋太郎=甲子園(撮影・山口登)
3枚3枚

 「オープン戦、阪神-ヤクルト」(13日、甲子園球場)

 先発ローテ入りを目指している藤浪が3回1/3を投げ、4安打5四死球で6失点と開幕に向けて不安を残した。

 注目の立ち上がりは、先頭の山崎に内野安打を許すと、2番・上田への投球時にはボークを宣告され、無死二塁のピンチを招いたが、3番坂口を空振り三振。4番・青木との対決では142キロの変化球で空振り三振に仕留め、初回を0点に抑えた。

 二回も、1死から四球とヒットで再びピンチを招いたが、中村、奥村を2者連続三振を奪い、三回も先頭の山崎に四球を与えたが、4番の青木を併殺に仕留めてピンチを脱出した。

 ここまで毎回走者を背負う投球内容だったが、四回に炎上。先頭の大村は打ち取った打球だったが遊撃・西岡が失策。さらにヒットと四球で満塁のピンチを招くと、8番・中村の打球を西岡がまたもや失策。

 続く奥村には死球を与え、2番・上田にライトへの適時打を浴びたところで降板。当初は5、6回をメドにしていたが、予定より早くマウンドを降りた。5つの三振を奪ったものの3四球に2死球を与え、制球面に課題の残る87球となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス