文字サイズ

ロサリオ 衝撃デビュー弾“初打席初球本塁打”虎党も歓喜

1回、先制となる2ランを放ち、天を見上げながら生還する阪神 ウィリン・ロサリオ=宜野座(撮影・北村雅宏)
1回阪神2死一塁、ロサリオが2ランを放つ=宜野座(撮影・堀内翔)
1回、2ランを放ったロサリオ(左)を迎える阪神・金本監督=宜野座(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「練習試合、阪神-DeNA」(11日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 阪神の新外国人・ロサリオが第1打席で“来日初本塁打”となる2ランを放った。

 初回2死一塁。飯塚の初球の140キロを捉えて、左翼席へ弾丸ライナーを運んだ。外野席も解放されるほど詰めかけた観衆からはどよめきと大歓声が巻き起こった。

 ロサリオは今年初の対外試合に「4番・指名打者」で先発している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス