文字サイズ

糸原、直球に強い!才木から2発 確実性証明15スイング安打性7

 フリー打撃で快音を響かせる糸原(右)。手前は才木(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 「阪神春季キャンプ」(3日、宜野座)

 遊撃のレギュラーを争う阪神・糸原健斗内野手(25)が、フリー打撃で才木から柵越え2発を放ち、直球に対する強さを改めてアピールした。

 持ち前のスイングスピードは、伸び盛りの2年目右腕を確実に上回った。才木のストレートを左翼ポール際へたたき込むと、直後には右中間最深部へと放り込んで見せた。

 15スイングで7本の安打性の打球を飛ばし、確実性も上がっていることを証明した糸原。「実戦がこれから始まるので、そこでアピールできるようにするだけです」と力を込める。

 金本監督も「糸原とか大山はいきなりでもああやってカンカン打ち返すし」と目を細めた。「すべてはこれからです」と本人が語るように、レギュラー奪取へ猛アピールを続ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス