文字サイズ

ロザリオに球団史上最大級オファー!球団初売上高200億資金投入だ

 1日付で阪神の球団本部長に就任する谷本修常務(53)が11月30日、新外国人最有力候補として挙げている韓国プロ野球ハンファのウィリン・ロザリオ内野手(28)獲得へ本格的に動きだす姿勢を示した。この日までハンファに保有権があることから具体名こそ避けたが、1日の交渉解禁から総額300万ドル(約3億3600万円)超とも予想される日米争奪戦に臨む。

 是が非でも欲しい。具体名こそ挙げなかった。ただ、この日球団事務所で取材に応じた谷本常務の言葉に真剣みが増す。「獲得に向けて全力で?そうですね」。1日からロザリオとの交渉が解禁。大砲獲りへ猛虎が入れた“本格モード”へのスイッチ。満を持して本腰を入れていく。

 メジャー71本塁打、韓国では2年連続30発以上の逸材。メジャーからも今オフのFA市場で高い注目を集めているだけに、それなりの獲得資金が必要になる。

 ロザリオは韓国プロ野球・ハンファから総額250万ドル超とみられる残留オファーを提示されていた。だがすでに応じない意思を伝えており、来季はメジャーか日本でプレーすることが確実な情勢。国内球団も水面下で獲得調査を続けているもようで、日韓の複数の球界関係者は「最低でも300万ドル(約3億3600万円)以上の攻防になるのではないか」と口をそろえる。

 阪神では96年オフ、メジャーリーガーのグリーンウェル獲得に動いた際、年俸3億5000万円で合意した。今回はそれに匹敵する虎新助っ人史上最大級の契約になる可能性があり、その争奪戦に加わる事実がフロントの本気度を示している。

 谷本常務は具体的な提示額こそ明かさなかったが「(200億円を)稼いだからというわけではないですけれど、チームの強化に使っていきたいと思っていますので」と語った。平成29年度の売り上げが球団史上初となる200億円を突破する見通しとなっており、補強費用を捻出する土台はある。

 まずは1日の即日アタックで獲得意思を伝える。そして今後のスケジュールについても同常務は「相手のあることですからね」と前置きした上で、「こちらの気持ちとしては、なるべく早く決めたい。早く陣容を固めたいというね」と語った。

 金本監督も望んでいた4番を任せられる長距離砲の獲得-。「決まったらご報告しますので」と谷本常務は言った。FA権を行使した大和のDeNA移籍が正式発表されたこの日、下された新助っ人獲得への“GOサイン”。全力で獲得を目指していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス