文字サイズ

呂彦青が入団会見「能見さんのような投手に」台湾アマのナンバー1左腕

 阪神への入団が決まり笑顔見せる呂彦青=球団事務所(撮影・持木克友)
 阪神への入団が決まり嶌村聡球団副本部長(左)と握手を交わす呂彦青=球団事務所(撮影・持木克友)
 阪神への入団が決まり嶌村聡球団副本部長(左)から帽子をかぶせて貰う呂彦青=球団事務所(撮影・持木克友)
3枚3枚

 阪神は7日、台湾代表左腕・呂彦青投手(21)=国立台湾体育運動大=と、西宮市内で入団会見を開いた。

 補強第1弾は、台湾アマのNo.1左腕の獲得だ。プレミア12などで台湾代表入りし、国際舞台での経験も豊富な若き投手だ。「すごくうれしくて、阪神の一員として頑張りたい。能見さんのようなピッチャーになりたい」。入団会見では、初々しく意気込みを語った。

 細身ながら最速148キロの直球を軸に、落差が大きくキレのあるスライダー、チェンジアップなど球種も多彩。ドラフト以外での今オフ初の補強選手とあって、来季ローテ候補の1人として期待が高まる。

 「ルーって呼んでほしい」と笑った左腕。8日から鳴尾浜での秋季練習に合流予定で、“海外での”野球をスタートさせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス