文字サイズ

虎補強第1弾!台湾代表左腕・呂彦青と契約 最速148キロ 多彩な変化球も武器

 阪神が6日、台湾代表左腕・呂彦青投手(21)=ル・イェンチン、国立台湾体育運動大=と、来季の選手契約を締結したと発表した。7日の午後、西宮市内で入団会見を開く予定。

 細身の左腕から繰り出す最速148キロの直球に、落差が大きくキレのあるスライダー、チェンジアップと球種も多彩。阪神は10月に台湾で行われたBFAアジア選手権も視察していた。

 今季、先発の駒不足にも悩まされ、投手の補強に動いていた。呂は21歳と年齢も若く、即戦力としてだけでなく、将来性も獲得の決め手となった。

 オリックスなど、国内複数球団も獲得調査を進めてきたが、阪神が台湾No.1左腕を射止めた。ドラフト以外での今オフ補強第1弾となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス