文字サイズ

掛布阪神前2軍監督、セパ首位が日本シリーズ戦うべき「CSは考える時期に来ている」

 阪神の2軍監督を退任した掛布雅之氏が22日、TBS系「サンデーモーニング」の人気コーナー「週刊・御意見番」に出演し、プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)について、注文を付けた。

 広島、ソフトバンクとセ・パ首位の両チームが2位に10ゲーム差以上を付けていたことに注目し、「この2チームが今年の日本シリーズで戦わなくてはいけないと思います」とキッパリ。

 両チームは現在、セ・パそれぞれシーズン3位だったDeNA、楽天と日本シリーズ進出を懸けてCSファイナルステージで対戦している。

 今年は天候面で話題を集めていることもあり、掛布氏は「クライマックスのルールだとか、日程だとかも考えなくてはいけない時期に来ているんじゃないですかね」と、議論すべきと主張した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス