文字サイズ

阪神・メンドーサが帰国 途中加入も“タイガース愛”アピール「楽しい時間を過ごせた」

手を振る阪神・ルイス メンドーサ=伊丹空港(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 阪神のルイス・メンドーサ投手(33)が18日、伊丹空港から出発した。新千歳空港を経由し、母国・メキシコに帰国する。「チームメートによくしてもらって、楽しい時間を過ごせました」と“タイガース愛”を語った。

 今季は、日本ハムからシーズン途中に阪神へ入団。9月3日・中日戦(甲子園)で初登板し、以降0勝2敗で防御率5・14だった。

 「来年は勝てるシーズンにしたいです」。笑顔で手を振り、搭乗ゲートへと向かった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス