文字サイズ

【金本監督一問一答3】今シーズンは「めちゃめちゃ悔しい」来季こそ「日本一」

 阪神の金本知憲監督(49)が18日、大阪・野田の電鉄本社で、坂井信也オーナー(68)にシーズンの報告を行った。約30分の会談後、四藤慶一郎社長(57)とともに会見を開いた。「超変革」から、「挑む」をスローガンに掲げた2年目の指揮は、シーズン2位で終了。前日17日にCSファーストS・DeNA戦に敗れ、今シーズンの全日程が終了した。今年の反省、来年に向けての課題なども具体的に語り、来年こそ優勝の思いをたぎらせた。またドラフトについても言及した。

 【以下、一問一答】

 -2018年シーズンに向けたスタート。秋、春の強化ポイントも見えてきた。

 「野手に関しては若手の底上げ。振る力を付ける、対応力を付ける。自力を付ける。そこですね。あとは後半少なくなってきたが、守備力。徹底的に鍛え上げたい。あとは先発投手陣ですね」

 -結構、いっぱいありますね。

 「もちろん、優勝できてないので。課題ばかりです」

 -この辺が広島との差と感じている。

 「広島との差というのは走力、守備力。これが全てです。ウチはリリーフで勝ったので、なんとか後半勝負はできましたけど。先発が頑張ってくれたら、十分に広島と戦えると思います」

 -今年、監督として2年目のシーズンが終了。監督として1年間、振り返ると。

 「相変わらず迷うときは迷いますし。決断できない自分の姿がよく、目に浮かんできますその辺はチームスタッフがフォローしてくれて。背中を押してくれたりとか、アドバイスしてくれたりとか。助けられた印象が強いです」

 -頭に浮かんだ、迷ったシーンとは。

 「数、限りないです(笑)。スターティングメンバーにしてもそうですし。代打、継投、勝ちパターンにいけば悩まないですが、どっちに転ぶか分からないところでの継投。僕も迷いますし、投手コーチも迷います。みんなが迷うところの決断が難しかったです」

 -4位で終わった昨年と、2位の今年でも迷いは変わりない。

 「昨年は継投の勝ちパターンがなかった。作っていかないといけないところでしたから、今年は継投の勝ちパターンができたので、その辺で迷うことは少なかったですね」

 -2017年シーズンが終了。ホッとしていますか。

 「めちゃくちゃ悔しいです。腹もたちますし。昨日からムカムカして、腹立たしい。情けなさもありますし、自分の力のなさと言うか、それを痛感しています」

 -ドラフトもある。

 「ウチは清宮1位指名というのが決まっていますので。なんとか運のいい人とたくさん出会って、お参りでも行ってね。当たりくじを引けるようにしたいと思います」

 -監督がクジを引くのは決まっている。

 「先ほど、社長が行って下さるとお聞きしたんですけど(笑)」

 四藤社長「いや、いや」

 -来年に向けて。

 「我々は優勝目指して、日本一を目指してやってきて、達成できなかったので。今年もファンの方には申し訳なかった思いと、優勝できなかったチームに対して、最後まで応援していただいた感謝の気持ちでいっぱいです。今年の悔しさを来年、必ず晴らせるように。リーグ優勝、日本一を目指してやって行きます」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス