文字サイズ

【金本監督一問一答1】「何が何でもという姿勢があったから…」メンタル成長実感

 阪神の金本知憲監督(49)が18日、大阪・野田の電鉄本社で、坂井信也オーナー(68)にシーズンの報告を行った。約30分の会談後、四藤慶一郎社長(57)とともに会見を開いた。「超変革」から、「挑む」をスローガンに掲げた2年目の指揮は、シーズン2位で終了。前日17日にCSファーストS・DeNA戦に敗れ、今シーズンの全日程が終了した。

 【以下一問一答】

 (会見で代表インタビューに応じ)

 -坂井オーナーへはどのような報告を。

 「やっぱり我々は優勝を目指してやってきていたので。優勝できなかったことをまず…力及ばず、申し訳ありませんでしたということで。その中でも『2位でよく、こういう状況で頑張ってくれた』と。お褒めの言葉もいただいだので、すごく恐縮しています」

 -昨日の敗退から一夜明けての気持ちは。

 「悔しいですね。勝てなかったので。なんとしてでも日本シリーズというのはあったので。無念さと言いますか、悔しさでいっぱいです」

 -2017年シーズンを振り返ると、印象に残っている部分は。

 「去年、僕が就任して、メンタルの部分ですね。気持ちとか姿勢を言ってきて。昨年は選手が、どういう風にグラウンドで出せばいいか、戸惑っている部分もあったんですけど。今年に関してはそれを僕の思うようにと言いますか。ある程度、僕のやりたい野球を理解してくれて。それを前面に出してくれたなという戦いだったと思います。」

 -メンタルの部分では手応えがあった。

 「メンタル、試合に挑む姿勢。何が何でもという姿勢があったからこそ、こういうチーム状況でも2位になれたと僕は思っています」

 -こういうチーム状況とは。

 「若手を育てて行かないといけない中で。孝介(福留)も休み休み使っていかないといけない。糸井のケガもあった。メッセンジャーのケガもありました。そういうメンバーが固定できない状況でも、ここまで戦えたという、そういう状況です」

 -昨年から若手を使ってきた手応えがある。

 「手応えある部分と、ない部分もありますけど。昨年活躍した若手選手が伸び悩んでいるのもありますし。逆に出てくれた選手もいますし。半々ですかね」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス