文字サイズ

阪神、現役引退の安藤に入閣を要請 福原2軍育成コーチの内部昇格も

 引退セレモニーのあいさつを終えた安藤(手前)を抱きしめる金本監督=甲子園
1枚拡大

 阪神は10日の中日戦で全日程を終了。今後、14日からはCSファーストSのDeNA戦(甲子園)に臨むが、試合と平行して、来季に向けた組閣作業も進めていく流れとなる。

 現状、すでに発表されているように、今季限りで掛布2軍監督が退任。古屋2軍野手チーフ兼育成コーチ、久保2軍投手チーフコーチ、今岡2軍打撃兼野手総合コーチらについては、今季限りの契約と発表されている。

 現在、山田2軍バッテリーコーチが代行を務めている2軍監督に関しては、矢野作戦兼バッテリーコーチと片岡打撃コーチの2人が候補に挙がっている状況だ。また、久保コーチの退任に伴い、福原2軍育成コーチが、2軍投手コーチに内部昇格する可能性がある。

 この日に引退試合を行った安藤に対しては、球団側も入閣を要請しているもよう。ポストも含めてまだ未定だが、順調にいけば、金本阪神3年目のスタッフの1人に名を連ねることになりそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス