文字サイズ

福留が先制タイムリー 引退の安藤へ「いい形で送り出したいです」

1回、先制タイムリーを放つ福留(撮影・北村雅宏)
1回阪神2死二塁、右前に先制の適時打を放つ阪神・福留孝介=甲子園(撮影・高部洋祐)
1回阪神、2死二塁、右前に先制タイムリーを放つ阪神・福留孝介=甲子園(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 「阪神-中日」(10日、甲子園球場)

 阪神の福留孝介外野手が一回、先制の適時右前打を放った。

 一回だ。1死走者なしから、この日2番・遊撃で先発出場した植田が中前へはじき返すと、その後2死二塁となって4番・福留。カウント2-1からの4球目だった。外角のスライダーをうまく捉え、俊足の植田が一気に生還。中日先発のジョーダンの立ち上がりを攻め、先制点を奪った。

 球団広報を通して「先制のチャンスでの打席だったので、まずは先制と思い、つなぐ意識で打ちにいきました。抜けてくれて良かったです」とコメントした。

 この日は、福留の同学年である安藤の引退試合。試合後には引退セレモニーが予定されている。以前、「いい形で送り出したいですね」と話していた。最高のフィナーレを演出するべく、まずは4番のバットが先制点をもたらした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス