文字サイズ

序盤で苦手の巨人田口捉える 初回に2点、二回は上本適時打などで3点を奪う

2回阪神2死一・三塁、右前に適時打を放つ阪神・糸井嘉男=甲子園(撮影・高部洋祐)
2回阪神2死一・二塁、右前に適時打を放つ阪神・上本博紀=甲子園(撮影・高部洋祐)
2回、右前打を放つ阪神・俊介=甲子園(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「阪神-巨人」(12日、甲子園球場)

 二回、阪神打線が猛攻撃を見せた。上本博紀内野手が右前適時打を放つなど、一挙に3得点。4連打で5-0とした。

 2死走者なしからだった。9番・藤浪がフルカウントから四球を選び出塁。1番に打順が戻ると、猛虎打線は一気に田口を捉えた。1番・俊介が右前に運び2死一、二塁とすると、上本が初球をはじき返し右前へ。二走・藤浪が追加点のホームへ生還した。

 さらには、糸井が内角のシュートを右前へはじき返し、この回2点目。「みんながつないでくれて回ってきた打席だったので、流れを止めないように、つなぐ意識で打ちにいきました。いいところに飛んでくれてよかったです」とコメント。

 そして前の打席に先制の適時打を放っている福留も、スライダーを右前へ運んだ。「みんなの作ってくれたいい流れに乗り、打つことができました」と、2打席連続の適時打で、この日3打点をマーク。4番のバットが火を噴いた。

 この回4連打で一挙3得点。リードを5点とし、巨人を一気に突き放した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス