文字サイズ

隼太 プロ初サヨナラ打! 連夜の劇勝でCSへ収穫

9回、サヨナラ打を放ちガッツポーズで一塁へ向かう伊藤隼 
1枚拡大

 「阪神7-6DeNA」(10日、甲子園球場)

 最後はハヤタが決めた!阪神が2夜連続で今季8度目となるサヨナラ勝ちを収め、眼下の敵であるDeNAに3連勝。同点の九回2死満塁、代打・伊藤隼太外野手(28)が右越えに決勝打を放った。今季3戦全敗と苦しめられていた先発の浜口は五回途中でKO。対戦の可能性があるCSに向けて大きな収穫となった。12日からは宿敵巨人を甲子園に迎え撃つ。

 飛び出した白球を見つめ、高鳴る胸の鼓動が一瞬だけ止まった。右翼フェンスに直撃し、緑の芝に転がると甲子園が歓喜に揺れる。伊藤隼は力強く拳を突き上げ、祝福のウオーターシャワーを全身に浴びた。最高の準備が生んだプロ初のサヨナラ打。一生忘れられない、格別な味だった。

 「今まで味わったことがないような、最高の気分でした」

 一進一退の攻防が続き、クライマックスは6-6で迎えた九回裏。2死満塁で出番は訪れた。「ネクストから緊張しっ放しでした」。弱気な心を拭い捨て、打席に入れば無心だった。8月18日・中日戦(ナゴヤドーム)以来、出場13試合ぶりのヒット。久々の快音は、2夜連続の劇勝へとつながっていた。

 “必殺仕事人”の殊勲打に、金本監督も「本当に一番いいところで打ってくれました」と最敬礼だ。ベンチ前で熱い抱擁を交わした後、ヒーローは「ちょっと感情的になってしまった」と勝利の余韻に浸っていた。今季出場した全61試合のうち、代打出場が58試合で打率・278。独自の準備方法が土壇場での力を引き出している。

 試合終盤になると、ベンチ裏でラダーなどアジリティトレーニングを始める。故意に自身の息を切らせ、心拍数を増やした状態で気持ちを高めるのだ。さらに、打席に向かう直前に両目を氷水で冷やす。「一振りに懸けてるから」と話す男が、その意図を明かした。

 「落ち着いているベンチから、代打で打席に立つと一気に心拍数が上がってしまう。だから、最初からその状態を作っておく。目は、ベンチより視界が明るい打席を想定して。冷やすと見やすいよ」

 3連勝の立役者は人一倍、貪欲に勝利を追い求めている。「最高です!」。虎は、まだここから強くなる。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス