文字サイズ

阪神・鳥谷一問一答 2000安打達成のボールは「家族に渡したい」

試合後に記者会見する鳥谷(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「阪神8-3DeNA」(8日、甲子園球場)

 阪神の鳥谷敬内野手(36)が二回、右中間に適時二塁打を放ち、史上50人目となる通算2000安打を達成した。球団の生え抜き選手では藤田平(デイリースポーツ評論家)に次ぐ、2人目の快挙。14年目、1956試合、8206)打席目での達成となった。甲子園での2000安打達成は球団史上初。

 試合後のヒーローインタビューは以下の通り。

 -甲子園での2000安打はどんな気持ちだったか。

 「たくさんのファンの前で打てて良かったと思います」

 -右中間を低く速く抜ける鳥谷さんらしい打球だった。

 「負けている場面で点が入って良かったと思います」

 -「早く打って楽になりたい」と話していたが。

 「これで周りが静かになると思うので、楽に野球ができるようになると思います」

 -今日はどんな気持ちだったのか。

 「いつも通り、毎打席集中しようという気持ち。特別な思いはなかったです」

 -誰に記録達成を伝えたいか。

 「両親と、ずっと支えてくれた家族に2000安打のボールを渡したいと思います」

 -2000安打はどんな意味を持つのか。

 「打てるとは思ってなかったので。何とかこの数字を残せて良かったと思います」

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス