文字サイズ

阪神・能見は5回2失点で勝敗つかず

 5回、同点適時打を浴びた阪神・能見(中央右)のもとに集まる阪神ナイン
1枚拡大

 「中日-阪神」(20日、ナゴヤドーム)

 阪神の先発・能見は5回8安打2失点で降板。同点で迎えた五回、2死二塁で代打を送られた。勝敗はつかなかった。

 初回、2死一、三塁のピンチを背負ったが、福田を一ゴロに抑えて脱した。1点リードの二回、2死から武山に同点ソロを浴びた。三、四回と得点圏に走者を置きながら粘ったが、再び勝ち越した後の五回だった。

 2死からゲレーロに左前打、福田に中前打を浴びた一、二塁。松井佑の打ち取った打球が中前に落ち、アンラッキーな形で同点を許した。それでも94球、7奪三振で試合を作った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス