文字サイズ

岩貞が金本政権初の強制送還「抹消です」球団ワーストタイの1イニング5四球

 グラウンドを見つめる金本監督。手前は岩貞
3枚

 「巨人6-1阪神」(8日、東京ドーム)

 阪神の先発・岩貞が4回7安打6失点、6四球で2試合連続のKO。9敗目(4勝)を喫し、降板後すぐ試合途中に帰阪を命じられた。金本政権2年目で初の強制送還となった。指揮官は試合後、「抹消です」と話した。

 一、二回と失点を重ねると、三回のマウンドだった。先頭の陽岱鋼に四球を与えると、2死一、二塁から村田、長野に連続四球で押し出し。石川には中前に2点適時打を許した。さらに続く小林を敬遠気味に歩かせて1イニング5四球。球団ではワーストタイの記録となった。

 香田投手コーチは「今年を象徴するような立ち上がりだった」とぶ然。「四球、四球で打者と勝負できていない」と続けた。岩貞は7月2日のヤクルト戦(甲子園)以降勝ちがなく、直近の登板は5戦4敗。前回1日の広島戦(マツダ)でも、4回4失点で降板していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス