文字サイズ

阪神4連勝、代打・伊藤隼が逆転3ラン 今季2度目の同一カード3タテ

お立ち台でポーズを決める阪神・伊藤隼太(左)と俊介=京セラドーム
3枚

 「阪神6-5ヤクルト」(6日、京セラドーム大阪)

 阪神がヤクルトに競り勝って4連勝。5月5日からの広島3連戦以来、今季2度目の同一カード3連勝となった。伊藤隼の代打逆転3ランが決勝点となった。

 試合は序盤から揺れ動いた。先発は能見。二回、2死から福留、大山の連続失策で先制点を許した。さらに1点をリードした四回に2被弾で3失点。バレンティン、リベロに本塁打を浴び、逆転を許した。際どいコースの判定にも泣き、甘く入った球を痛打された。5回を投げて5安打4失点(自責3)で、1点のリードを許して降板した。

 攻撃は6試合ぶりに「1番・中堅」に入った俊介が躍動。初回に左中間を破る二塁打を放つと、三回には右翼フェンス直撃の二塁打。五回には1死三塁の好機で左前適時打を放った。七回には右前打でプロ初の4安打、今季3度目の猛打賞を獲得した。

 試合を決めたのは伊藤隼。七回1死一、二塁の場面で、北條の代打として登場。2ボールから3球目、石山の外角低め147キロの直球をフルスイングした。打球はバックスクリーンに飛び込む逆転3ラン。今季2号で試合を引っ繰り返した。

 守っては能見の後を受けて藤川、岩崎、マテオ、ドリスとつなぎ、リードを守った。4連勝と波に乗るチームは東京に移動し、8日から巨人&DeNA(東京ドーム、横浜)と敵地で6連戦を戦う。

 ヤクルトは3連敗。二回、2死から相手の連続失策で1点を先制。1-2の四回はバレンティンの左越え23号ソロで同点とし、リベロの左越え2号2ランで2点を勝ち越し。4-6の九回は西浦の犠飛による1点までだった。先発・石川は5回5安打3失点。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス