文字サイズ

鳥谷、セ最多得票で球宴選出 47万1327票の36歳誕生日プレゼント!

 球宴にファン投票で選出され、気合を見せる(左から)マテオ、鳥谷、糸井、梅野(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「マイナビオールスターゲーム2017」のファン投票最終結果が26日、発表され、阪神の鳥谷敬内野手(36)がセ・リーグ最多得票となる47万1327票を集め、自身初の三塁手部門で選出された。また、糸井嘉男外野手(35)が外野手部門2位で選ばれ、マルコス・マテオ投手(33)も中継ぎ投手部門で初出場を決めた。

 最高のプレゼントになった。26日に36歳の誕生日を迎えた男に、あふれんばかりのファンからのエールが送られた。鳥谷がセ・リーグ最多得票数で2年ぶりの球宴出場を決めた。

 「ファン投票でオールスターに出られるというのは、すごく光栄です。本当に選んでもらったファンの方々に感謝の気持ちと、また他のチームの選手と話したり、野球ができるので、すごくうれしく思います」

 47万1327の得票数が大きな、大きな後押しを証明している。中間発表から出場圏内に入り、終わってみれば三塁手部門2位の広島・安部とは約25万票もの大差をつけた。圧倒的な支持を受け、選出されたベテランは「選ばれるだけでもうれしいことですけど、最多で選ばれるというのは名誉なことなので。選んでいただいたファンの方々に感謝したい」と心からの笑顔を見せた。

 5月24日の巨人戦で顔面に死球を受け、鼻骨骨折。それでも鉄人は翌25日以降も出場を続け、歴代2位の連続試合出場記録を更新中だ。「自分たちは毎日試合ありますけど、見に来る人たちの中にはその日しか見られない人もいると思いますし、そういう意味でも毎日出たいという気持ちでやっていますけど」。ファンを思い、その声援に応えるために。戦い続けるその姿に、誰もが心を奪われた。

 プロ14年目で初の三塁手での選出にも注目が集まる。「どのポジションでも選ばれるのは光栄。逆に今はサードしかやっていないので、他のポジションは…」と苦笑いしたが、思いは一つだ。「一番は本当にファンの人が喜んでくれるプレーだったり、セ・リーグの勝利だったり。そういうところを見せられたらなと思います」。選ばれた新しい場所で、新たな鳥谷敬を披露する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス